忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/01 司]
[11/29 晴姫]
[11/18 司]
[11/04 雛]
[11/02 司]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
俵藤司
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
料理/音楽鑑賞
自己紹介:
銀誓館学園に通う高校二年生。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【口調バトン】

0:絶対掟は守ること。
1:回された人は回してくれた人の指定した「きゃら」の口調で日記を書くこと。
2:日記の内容は普段書くものと同じで構わない。
3:回されたら何度でもやること。
4:「あんかぁ」を突っ走る事は禁止されている。
5:口調が分からなくても「いめぇじ」。1人称もその「きゃら」のものにすること。
6:これ以外のばとんとか貰ったら、その回してくれた人の名前も「きゃら」なりの呼び方にする。 

なんつーか…。
凄くブログを書く間があいてたな…。(カレンダー見つつ)
やっぱり、学校が始まるとそう上手くはいかねぇか…。
っと、今回の口調はシェンナだぜ。
俺(司)の口調は簡単だよなー。
黒くすりゃいいんだから(ぁ
冥土Guyって紹介すればすぐわかるしよ…(笑)

んー、今日は久しぶりに自転車に乗って買い物に行ったな。
本買ったりして、凄く楽しかったんだけどさ…。
途中で気分が悪くなった。
実は朝飯を食っていなかったんだよなぁ…。
呼吸が出来ねぇの。
肺に空気が入ってかなくて、マジ苦しくて。
「パン買って帰ろう…」って、駅前のパン屋に入ったんだ。
そしたら、くらぁっときて、バタリ、よ(笑)
いやー、食事って大切だな。
マジ気持ち悪かった…。
店員さんが駆け寄ってきて「大丈夫ですか?!」って聞いてきてくれてさぁ…。
いやぁ、天使に見えたね(ぇ
可愛かったし(笑)
(多分)厨房からおばさんが来て、俺の顔色を見て「ご飯食べました?」と聞かれ
「やー…食べてないです」
って言ったら怒られた。
ご…ごめんなさい…。
とりあえず、少し休んでパン買って、家に帰ってこう思った…。

「暫くあのパン屋にはいけない…」と…。

上手かったのになぁ、あのパン屋…(遠い目)
PR
【口調バトン】

0:絶対掟は守ること。
1:回された人は回してくれた人の指定した「きゃら」の口調で日記を書くこと。
2:日記の内容は普段書くものと同じで構わない。
3:回されたら何度でもやること。
4:「あんかぁ」を突っ走る事は禁止されている。
5:口調が分からなくても「いめぇじ」。1人称もその「きゃら」のものにすること。
6:これ以外のばとんとか貰ったら、その回してくれた人の名前も「きゃら」なりの呼び方にする。 

…今回は…孤雪殿の口調を…やらせて頂くで御座る…。
至らぬ点があると思うが…そこは…大目にみてやって欲しいで御座る…。

昨日は…一段と日差しが強い日で御座った…。
良い天気だったので…少々…散歩に出かけたので御座る…。
…それが…いけなかったで御座るな…。
…腕が…焼けて痛い…。
日焼け止めを塗るの…忘れてたで御座る…。
肌の…色が…赤い…。
…触ると痛い…。
…長袖は…擦れて余計…痛いで御座る…。
氷で冷やしたので御座るが…あまり意味が…ない…。
しかも…汗をかいた為お風呂に入ったら…。
誤って…焼けた腕を思い切り擦ってしまったで御座る…。
…声にならない叫びを…上げてしまったで御座る…。
足にも…水ぶくれが出来て…痛いで御座る…な。
同じ所に…これで四回目…で御座る…。
…割りたい(ぁ
そう言えば…三連休で御座る…な。
ゆっくり休むものは休み…動くものは動く…。
休日の過ごし方は…人それぞれで御座るな…。
まあ…拙者は…寝るでござる…(ぇ


…ど、どうですか…?(汗)
呼び捨てではないですが、やはり呼び方がなれないですね…(苦笑)
遅くなって申し訳御座いませんでした!(土下座)

ちょっとしたことで、妹と喧嘩になり
「何?!私に何か恨みでもあるの!?」と聞かれたので。
「恨み?無いわけないだろ?」と答えました、司です。
いい加減にしないと、お母さん怒るわよ(←

演劇部の統一ICが完成しました。
えの絵師様、本当にありがとうございます。
背後が「あー…塚っぽい」とかいってるんですが…。
塚は女性がやってる奴だろ。
せめて、美男子度が上がったくらいd…(殴)

今日は珍しく服を買いに行きました。
そろそろ秋だし(まだ少し暑いけど)、それに、サイズも合わないと思うし…。
なので、服を何が良いか見てたんですよ。そしたら…。

「お母さん!」(ガシッ)

……。
坊や。
お父さんの間違いじゃないかい?(いや、僕の子じゃないけど!)
その後「あ、間違った」的な顔して何処かに行っちゃいました。

母親を探すなら迷子センターに行け。(←

こんばんは。
カラオケ行って声が枯れてます、司です。
調子に乗って何時間も歌うんじゃなかった…orz
久しぶりだからとノリに乗ってしまった…。
スキマは歌いやすいなーv

面白い話のネタはないかと記憶をさかのぼってたら
「そう言えば、こんなことがあったなー」というのが幾つか…。

先日、ちょっと用事でバスに乗ろうと道を歩いていたときのことです。
まだ時間に余裕があるだろうと、まあ、のたのたと歩いてたわけですよ。
すると、「すいません」と少々怪しげな男性に声を掛けられました。
「はい?」と反応すると、手には何かパンフレット的なものが。
「宗教に興味はありますか?わたくし、こういうものでして…」
と、行き成り紹介をし始めた!何だコイツ!
なんだかやばそうな空気だったので「すいません、時間がないので…」と理由をつけて逃げようとしました。
が。
バス停まで行く僕の後ろを、その男の人が付いてくる!
(きっとこの人もなんか用事あるんだろうなぁ…。そうだ、そうに決まってる…)
と、何とか自分を誤魔化しました、ええ。
でも、曲がっても付いてくるんですが…。
流石に怖くなってダッシュで逃げると、こいつもダッシュで追ってくるよ!こわぁあああ!
頭の中パニック。
もうバス停まで走っていくと、丁度バスが!
「地獄に仏!(何 乗ります!」と、駆け込む僕。
バスの運転手さんが、変な顔で僕を見てました。
必死の形相をしてバスに乗り込む人を見たら、誰だってするよねー、そういう顔。
流石にその男性もバスにまでは乗ってこなかったです。
乗ってきたらどうしようかと思った。
なんかうらめしそうな目付きで睨んできたのは、ただの幻覚だよね。
たしか、その前もドン●で買い物してたら、やたらマッチョなお兄さんが声を掛けてきました。
何で僕に声をかける人は変人なのだろうか?
声を掛けられるのだったら、可愛らしい女の子か、美人なお姉さんが良いです(←
そういうのを思い出すと、はるか昔の事まで思い出す。

小さい頃、家族と海に出かけたことがありました。
僕と妹は砂遊びをしていたんですが、急に妹が立ち上がり走って両親の元へ。
どうしたんだろう?と思い、ふと後(海)の方をみてると…。

ワォ、ビックウェーブ
(子供からみて)

そしてそのまま波に飲まれ~、流される僕~。よく生きてるよねー(笑)
気が付くと、なんか沖に浮いてる浮みたいなのに掴まってました。
それを友人に話すと「それって、『もうこれ以上出てはいけませんよ』ってラインじゃね?」
…。
危ない所なのね?
マイファザーが泳いで助けに来てくれるまで、ずーっとそこにしがみ付いていました。
あはー、手を離してたら今此処にいないね☆

それから暫くして、やっとその心の傷(?)が癒えたので、妹と公園へ。
本当は、父との三人で公園に来ていたのですが。
父、いつの間にかパチンコへ。
…ちょ、まてぇぇええ!!
それに気付いたのが、砂場で遊んでる時でした。
いつ消えたの?
そして、まあ、そんな感じで子供だけで遊んでると、危険な人って出てくるもんですよ。
「お嬢ちゃんたち、お菓子食べない?」
手口古っ!まあ、結構昔だけど…。
子供の直感で僕は思った。
こいつぁやばいぜ(実際そんなことは考えてないけど、ニュアンス的に)」
急いで妹の手をつかんで走って逃げる。ナイス判断僕!(←
その後、父が僕たちをほったらかしていた事が母にばれ、父は悲惨な末路を…。
女って強いね☆

あと、知ってる人は知っているんですが。
僕って犬苦手なんですよねー。
嫌いまではいかないんですが、遠巻きに見つめる程度です…(どんな
それには理由があります。
近所に犬を飼ってる家がありまして、よく其処に遊びにいってたわけです。回覧板を渡しに行ったりなどで。
ある日、やはり動物に興味示す年頃だったので、触ってみたかったのですよ、犬に。
でも、なんかその犬でかい。怖い。
恐怖心が働いて後ろに下がる…。犬はにじり寄る…。
…。

タスケテ!(半泣き)

余りの怖さにダッシュ!
…これがいけなかった…。
犬は走るものを追う習性があるのです。
追ってきちゃったんですよねー、犬。
怖さ倍増w
必死で逃げたんですが、やはり動物の走る速度には勝てずそのまま背中から飛びつかれ。
兄さんは、犬に負けてしまいました。
追ってきたおばさんに、犬は取り押さえられ、やっと犬に解放されたんですが…。
僕の後頭部は犬の……まあ、口の臭いが…。
ははー…、思い出すと哀しくなる…。
でも、それだけで犬が苦手にはならなかったんですよ。
小学校の4,5年生くらいでしょうか?
登校中に、よく犬を散歩してるおじさんに出会うんです。
そして、また犬に触ろうとしたんだな、これが。
学習能力ねぇなぁ、僕。
すると、その犬が、僕の右手を丸々

ガブリ

…。
痛い…。
実はその犬、妊娠中だか出産後だかで、少し神経質になってたそうです。
まあ、自業自得なのですが…。
それ以来から、犬は苦手になりました…。
ちょっとした赤裸々な告白?(ぇ

なんかもう、馬鹿な一面しかないなー…。
母と妹と僕でお風呂に入ってた時期。
「飛鳥見ててねー?」と、一緒にお風呂に入ってた母が僕に言い。
見てるだけー、の状態で溺れさせた事あるからなー、妹を。
…あー、僕ってバカだ…。
本日二回目ー。
夜の部という事で宜しいでしょうか?
いやいや、ショーじゃなくて(ぇ
でも、貴方のためなら喜んで☆(バチーン)
……あれ?キャラ違うな…?
つか、貴方って誰?(聞くな
夜だとテンション高くて、独り言多くなっちゃうからなー…。
やんなるなー…。

忍者ブログ [PR]